自動車保険 節約 比較 割引 検索 [PR]頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!「もっと知りたい脳のはなし」無料DVDプレゼント

自動車保険は節約が賢い!!

自動車保険、ばかにならないけれども、ばかに出来ない。大事な愛車の自動車保険を比較して節約しながら、ライフスタイルに合わせた自動車保険を賢く選びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自動車保険のコストダウン術

自動車保険のコストダウン術
原油高によるガソリン価格のアップでマイカーのランニングコストが上昇中。でも、自動車保険を見直せば、コストダウンが図れる可能盛大。見直し方をFPがアドバイス。


Q:ガソリンの急激な値上がりで、自動車を持っているお宅は頭が痛いですよね。でも自動車は必要だし・・・とはいえ出費は抑えたい。何かいい節約方法はありますか?
A:車周りの出費の節約にはまず、自動車保険の見直しがお勧めです。今までの自動車保険の見直しをしただけで、年87,810円だった自動車保険料が、60,770円に。27,000円以上30%もコストダウンできた例もありますよ。

Q:自動車保険の見直し方法とはどういった風に?
A:大手損保の自動車保険からネット系の自動車保険に変えたんですよ。大手損保の自動車保険は、ネット系の自動車保険より保険料が割高な反面、代理店の担当者によるきめ細かいサービスが魅力のはずですが、ところが、ここ何年も担当者と顔を合わせる機会もなく、ならば保険料が割安なネット系に思い切って変えたほうが有利と判断したわけです。

Q:ネット系自動車保険はどうして保険料が安く出来るのですか?
A:ネット系自動車保険が安いのは、人件費などのコストが削減できるからって言うのが大きいですね。上記の自動車保険の見直しでも、保険料は30%以上コストダウンできましたが、補償額は一切削ったりしていません。
車による人身事故の賠償額は億単位に及ぶこともあるので、補償のグレードは落とさないことが重要です。特に対人賠償保険、対物賠償保険は無制限にするほうがいいですよ。万が一のことがあってからでは遅いですから。

Q:自動車保険の見直しまでの手順は?
A:目的に応じて2社ほどに絞り、各社のHPで保険料の試算をします。パソコンの無い人は郵送でもやり取りできるんですよ。ただし、この場合、保険料のネット割引は受けられなくなりますが。
最近では、いくつかの自動車保険会社に一括して自動車保険の見積もりを無料請求できるサイトもあります。
このようなサイトを利用するのも便利です。無料なのもうれしいですね。

Q:ネット系自動車保険に切り替えたほうが必ず節約できますか?
A:そうとは限りません。
ネット系自動車保険に切り替えて保険料が安くなる目安としては、「運転者が30歳以上で15等級以上」です。該当しない人は今加入している自動車保険での見直しをしたほうがいいですね。また、一度見直した後も、2,3年毎の見直しを習慣にするといいですよ。運転者の年齢区分が上がったり、ゴールド免許取得などで一段と保険料をカットすることが出来るはずです。

参考資料:日経interesse


スポンサーサイト

PageTop

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険
過失割合に関係なく契約者の損害を補償
「人身傷害補償保険」は自由化以降、一般的になった新商品です。1998年から保険会社各社によって「完全補償タイプ」といった名称で、この保険をセットしている保険プランが増えています。従来型では交通事故でケガをしたり死亡しても、その本人に過失がある場合は、その割合に応じて保険金を減額されてしまうため、「完全補償タイプ」と売り出されています。

つづきを表示

PageTop

車両保険

車両保険
車両保険とは自分の車のための保険
 「車両保険」とは、契約している車が、偶然の事故によって損害を受けた場合に、修理代などが支払われる保険です。対人や対物保険は他人のための賠償保険ですが、車両保険は自分の車のための保険です。

つづきを表示

PageTop

自損事故保険

自損事故保険
自損事故や100対0の事故に備える保険

交通事故には、単独事故も多く発生しています。
例えば、「ハンドル操作を誤って電柱に衝突」「曲がりきれずに崖から転落」のような事故です。こうした事故の場合、同乗者についてはその自動車の自賠責保険が支払われますが、運転者本人の死亡や傷害については、自賠責保険からは一切支払われません。

また、車対車の事故でも、すべての過失が一方の運転者にある事故も少なくありません。例えば「信号待ちで停車中の車へ追突」や「センターラインを超えて対向車と衝突」といった事故のように、相手の車の過失がない場合は、たとえ運転者が死傷しても、相手の車の自賠責保険や任意の対人保険は支払われないのです。

つづきを表示

PageTop

ノンフリート等級別料率制度とは

ノンフリート等級別料率制度とは

通常の自動車保険の契約の場合、“ノンフリート等級別料率制度”が適用されます。
このノンフリート等級別料率制度により自動車保険はノンフリ ート等級(1~20等級)により保険料の割引・割増が決まります。
契約時に適用される等級は、前の契約があるかどうか、またその契約が何等級か、そして前の契約で保険金が支払われた (あるいは支払われる見込み)の事故の件数によって決定されます。等級は1~20等級まであり、同じ補償内容であれば、等級の数が大きいほど、 保険料は安くなります。新規契約の場合、基本的には6等級または7等級から契約できます。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。